まいごのストレスフリーライフ

30代IT女がストレスフリーな生き方を求めてあれこれ画策する日々を綴る。要するに雑記。

髪と頭皮のストレスフリー〜さくらの森とジュレーム

f:id:mai_go:20170530171930j:plain
どうも、まいごです。
突然ですが、「サルフェート(硫酸)フリー」って言葉、聞いたことありますか?
「ノンシリコン」なら聞いたことあるのではないでしょうか?
どちらもシャンプーを選ぶときにキーワードとなる言葉です。

きっかけはよく覚えていないけれど、市販のシャンプーは危険!みたいな話を聞いて、かれこれ7〜8年前から、髪と頭皮のストレスフリーについて考えるようになりました。
ネットで調べたり、実際使ってみたり、美容師さんに聞いたりして、今は布陣も定着しつつあるので、現在使っているシャンプーをご紹介します。

「市販のシャンプーは危険」と言われる所以

上記で「市販のシャンプーは危険」と言っている対象は、「サルフェート」と総称される、「ラウレス硫酸〜〜〜」「ラウリル硫酸〜〜〜」という洗浄成分のことです。
これらは洗浄力や脱脂力が高いので、頭皮の必要な油分まで奪ってしまい、人によっては刺激を感じることがある、というものです。
なので、一概に危険と言い切るものではなく、もともと頭皮がオイリー気味の方や、たまにしっかり洗浄するために使う分にはそれほど危険ではないようです。
かくいう私も、出張先ではホテル備え付けのシャンプー使ってますし。
毎日使い続けて刺激を蓄積するのが危険だ、という風に理解しています。

脳内会議

ちょっと考えてみてください。

いわゆる現代のシャンプー(石鹸じゃなくて界面活性剤の)が市販されるようになったのは1950年代だそうな。Wikipedia調べ!

となると、子供の頃から現代のシャンプーを使ってきた人たちがそろそろ70代に突入しようというところですな

壮大な人体実験と言えなくもないのである

でも、ハゲちゃったこととシャンプーの因果関係はわからないよね。高度経済成長期の激務によるものって方が説得力ない?

・・・

こういうのって、食べ物を始め色んなものに当てはまると思うのですが、私は、因果関係はわかっていないながらも、万人に合わせるために使用される必要以上に刺激の強いものは避けるに越したことないなーと思っており、自分に合うシャンプーを探す日々を過ごしておりました。

私の固定メンバー

しばらくこの布陣で安定して先発(シャレじゃないよ)を固めているので、ご紹介しまーす。

さくらの森ハーブガーデンシャンプー

これは、いろいろなシャンプー比較サイトで高評価を得ているシャンプーで、100%天然成分でできているというものです。

使い始めは泡立ちにくかったのですが、最初にぬるま湯でしっかり予洗いをすると、それなりに泡立つようになります。
洗い上がりはしっとり目で、さっぱりした洗い上がりを求める方にはちょっと物足りないかもしれませんが、きしみもなく、私には許容範囲です。

あと、シャンプー1本とトリートメント1本のセット販売、かつ定期購入方式なのですが、顧客サポート体制がしっかりしているので、カスタマイズも柔軟に対応してくれます。
私の場合、2ヶ月だと使い切らなかったので1回お休みにしてもらったり、コンディショナーの減りが遅いのでシャンプー2本にしてもらったりと、何回もリクエストに応えてもらいました。
こういうところも顧客満足度の高い理由だと思います。

あ、ちなみに下のリンク画像に半額とありますが、私が購入開始した1年前も半額キャンペーンやってましたー。
そこだけツッコミどころです。

ジュレームリラックス ソフト&モイスト

嵐がCMしている製品ですね。ドラッグストアで売っている、いわゆる市販品です。
種類がたくさんあるので、どれでも良いかどうかはわからないのですが、サルフェートフリーで自分の髪質にも合ってて、さらに香りも気に入ったのがこちら、「ソフト&モイスト」でした。

泡立ちも良いし、香りにも癒されるし、洗い上がりもきしみなく、使い心地最高です。
(私はタバコを始めとするニオイストレスも抱えていたので、バスルームがいい香りに包まれるのはとっても価値のあることだったのです

本当はコンディショナーも揃えたかったのだけど、なぜかコンディショナーはサルフェートフリーではなくて。
頭皮につけなきゃいいのだろうけど、神経質なもんで、コンディショナーは買っていません。

こちらはトライアルサイズもあるので、お試ししやすいです。

最後に余談

江戸時代は洗髪の頻度は1ヶ月に1回、ふのり、米ぬか、小麦粉などで髪の油分を奪う洗い方が主流だったらしいですよ。
Wikipediaでシャンプーの歴史を調べたらそのように書いてありました。

最後に、昔の洗髪に関する迷信が面白かったので共有します。
(こちらもWikipediaより)

「七夕に髪を洗うと髪が美しくなる」
「午の日に髪を洗うと発狂する」(関東地方)
「夜、髪を洗うと根元から切れる」(九州地方)

あな、恐ろしやー!

今回の記事はいかがでしたか?

ストレスフリーな生活を求めてやってみたこと、考えたことを書いています。
読者登録、ブックマーク、シェア等していただけると更新の励みになりますので、どうぞよろしくお願いします。