まいごのストレスフリーライフ

30代IT女がストレスフリーな生き方を求めてあれこれ画策する日々を綴る。要するに雑記。

小林麻央さんとご家族が教えてくれたこと

小林麻央さんが亡くなられたと知りました。
海老蔵さんの会見もテレビで見ました。
こんなにすぐに会見をしなければならないことに複雑な気持ちを抱えながらも、今日はテレビにかじりついてしまいました。

私は麻央さんと同世代です。
相方との結婚話を家庭の事情でなかなか家族に言い出せず一人悩んでいた時に、麻央さんと海老蔵さんの披露宴の映像を見て、結婚ってみんなが嬉しいことだよねって背中を押された記憶があります。
また、麻央さんや北斗晶さんが乳がんを公表され、家族一丸となって闘っていること、苦しい胸の内を明かしてくれたことで、大切な人たちのためにも検診ちゃんと受けなきゃって気持ちが強くなりました。
自分にとって、がんというものがそう遠くはない存在なんだと身が引き締まる思いでした。

麻央さんがブログを始めたのは、「癌の影に隠れないで」という医師の言葉や、強い母親でありたいという思いからだったそうですが、その裏では様子を探り追いかける取材陣から家族を守るため、自ら情報発信を始めたのではないかな、とも思うのです。

強い人だなって思いました。
私がメンタル不調のことをブログに書くのとは訳が違うわけで、ブログを始めること、書き続けることをまっすぐにできること、本当にすごいなって思っていました。

ブログって、自分の想いや考えをタイムリーに大勢の人に伝えるツールだと思っていたけれど、それだけじゃないんだって気付きました。

「タイムカプセル」的な役割も果たすんだなって。

麻央さんのブログに書かれていることはもちろんその時のタイムリーな想いな訳だけれど、
いつかお子さん達が大きくなった時に、

ママはこんなに強く生きてきたんだよ
ママはこんなにみんなのことを愛しているんだよ
ママはパパや家族と助け合って生きてきたんだよ

そんなことを時間を超えて伝えられるんじゃないかなって思います。

それは何よりも大きなママからのプレゼント。
母子手帳から自分へ注いでくれた母の愛を知るように、お子さん達はきっとなにか大切な気持ちを得られるんじゃないかと思います。

とりとめのない文章ですみません。
私のブログテーマからは少し離れているかもしれませんが、どうしても今の自分の気持ちを残しておきたくて、書きました。

麻央さんのご冥福をお祈り申し上げます。
最後まで読んでくださってありがとうございます。