30代ITコンサルのストレスフリー追求日記

30代IT女がストレスフリーな生き方を求めてあれこれ画策する日々を綴る

東京いい店クサイ店(ごめん)〜高級店は禁煙プリーズ

f:id:mai_go:20170720162300j:plain:w360
どうも、まいごです。
夏だね!スタミナつけなきゃね!
ということで某高級焼肉店に行く機会がありました。
1人20000円近くのコースです。
0の数間違えないでね。
こんな、一生に何度も行けないようなステキディナーにて、

やっぱり完全禁煙プリーズ!!!

と思ってしまったので、半分グチになっちゃいますがその日のことを綴っておきます。

そこは有名高級焼肉店

某人気グルメブロガーフォーリン○ブさんも紹介する人気店。
ずっと行ってみたかったけど予約がなかなか取れない店。
自由人になったのをいいことに、平日の17時からの枠を1か月前から押さえてたのだ!!

朝から調整を重ね満を持して来店。
意外と開けた感じの明るい雰囲気。

事件勃発(私だけ)

最初に前菜が出てきて、さあ食べよう!とお箸をお皿に近づけた瞬間、いやーなニオイが。
まさかと思ったけど、やっぱりあのニオイだ。

まさか、
こんな高級店で、
全面喫煙可
なの?

いまから食べるとこなのに。。

テーブルには灰皿おいてないので、小心者の私はwebサイトでこっそり確認してみました。

がーん、喫煙可、でした。

まだ肉を焼き始める前だけど、席の換気扇はしっかり回ってる。。。

むむう。

ラッキー、救われた!

あぁ、こんなに高い金払って、約2時間タバコクサイの我慢しなきゃいけないのかぁ。。。
もう、帰りたいモードに。
肉が待ってるのに。。

そんな空気を察した同行者。
店員さんに席を移動させてもらうことができないか相談したところ、たまたま奥の個室が空いていて、そちらに移動させてもらうことができました。
たぶん普段はVIPが来たときに通す部屋なんだろうな。。
こんな適当な服とメイクの庶民を通していただいて。。。
お店の方には申し訳なかったけど、おかげでニオイはシャットアウトされました。

反省

この件自体は、この店が喫煙可であるということを私が知らないまま行ってしまったせいで起きたことで、ちゃんと調べていたらそもそも行かなかったと思います。

今回はたまたま、

  • 個室があったこと
  • 個室が空いていたこと
  • 同行者が私の状態を知ってて店員さんに相談してくれたこと

の3つのラッキーが重なって、ステキディナーが苦行にならずに済みました。

お店の方も親切に対応してくださったおかげで、その後のご飯は美味しくいただけました!

予算の問題もあるからおいそれとリピートできないけれど、完全禁煙になったらまた行きたいです。

おわりに

とりあえず都民ファーストの会が第一党になったからには、公約として掲げてた受動喫煙対策としての飲食店店内禁煙は絶対実現してほしいものです。
せめて居酒屋以外、とかいう条件付きでもいいから、おねがいします!!

ほら、子供が嫌いな物食べるとき鼻つまむじゃん?
それって匂いが味覚に影響するからなんじゃないのかな??
だったら、タバコの煙の中で食べるご飯がどれだけ不味くなるか、ってことじゃない??

たぶんこういう立場の人の発信が増えれば、店内禁煙にしたら客が減る、という論理?予想?はだんだん薄れていくんじゃなかろうか。
と、ストレスウーマンは思うのでありました。

最後まで読んでくださってありがとうございます!