まいごのストレスフリーライフ

30代IT女がストレスフリーな生き方を求めてあれこれ画策する日々を綴る。要するに雑記。

実践的なITスキルを学べる動画学習サイト「Udemy」がとっても便利

こんにちは、まいごです。
私は今会社を辞めてお休み中ですが、今後会社に属する選択をする可能性は極めて低いです。
・フリーランスのSE/コンサルとして働くとか
・何らかのビジネスを立ち上げるとか
・はたまた投資で食い扶持を得るとか(遠い)
・まさかの超人気ブロガーになるとか(もっと遠い)

いずれにしても、自分のスキルを常に高めていく努力は不可欠ですね。
特にITの世界に生きる者なら尚更です。
私もIT屋の端くれとして、技術は常に磨いていきたいし、新しいことにもしっかりキャッチアップしていきたい!

でも、退職してしまうと、
会社の研修もなければ福利厚生としての学習機会もない
=能動的かつ継続的な自主学習・自己投資が重要

ですね。

熱が冷めないうちに習慣づけることが大事よね!!

ということで、予てから勝手に尊敬している「てつ」さんの記事↓で知ってずっと気になっていた、動画学習サイト「Udemy」(ユーデミー)の講座を受講してみたので、今日はその話を。
www.mutant-tetsu.com

「Udemy」(ユーデミー)とは?

Udemy(ユーデミー)は、

  • 米国シリコンバレー発祥の世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、
  • 学びたい人と教えたい人をつなぐCtoCの学習マーケットプレイスで、
  • 実績のある講師陣による4万5千以上の種類の講座を、
  • オンデマンドでいつでもどのデバイスからでも自分のペースで学べて、
  • 2010年の設立以来1,500万人の生徒が受講している!

というサービスです。

引きこもりでもOK!

今回受講した講座

私にとっては初めての受講だったので、Udemyの使い勝手的な部分も知りたくて。
全くのゼロから学ぶ講座ではなく、馴染みのあるExcelで、いずれ事業を行うために知っておくべきことが学べそうな講座を選んでみました。
↓↓↓
Excelを使ってビジネスシミュレーション:基礎編

外資系投資銀行出身の講師が、Excelを10倍速く操るためのショートカットキーの使い方から、それを使っての財務諸表の作成やDCF法などのビジネスシミュレーションの作成までを、一貫して手を動かしながら教えてくれる、という内容です。

受講した感想

講座について:①投資銀行ならではのExcelノウハウを知れた

思った以上にレベルの高い授業でした。
序盤のExcelのショートカットキーのセクションは余裕かな、とタカをくくっていたのですが、、、
講師のバックグラウンドである投資銀行でミスなく作業するための工夫というかルールのようなTipsが散りばめられていて、もっと早く知っておけばよかったー、と思うような内容でした。

講座について:②主題がブレずに効率的に学べた

財務諸表の勘定科目やリスクファクターの構成要素など、ビジネスシミュレーションを作成するために必要な項目に対する理解は、受講生によって千差万別かと思います。

基本的にはそれぞれの項目の説明もしながら進めていくのですが、
 ○○と△△の加重平均
みたいな難しい概念もたくさん出てきます。
(数式にすると頭から煙出そうなやつですね)

そのような難しい項目に対しては、簡単な説明に留め、場合によっては参考URLを紹介するなどして、
あくまでも
「ビジネスシミュレーションをExcelで完成させる」
というゴールから乖離しないよう気を配っていた
ように感じました。

全体で5時間あまりの講座でしたが、効率的な講義だったなという感想です。

Udemy全体について:UIがgood

動画はセクションごとに分割されていますが、前の動画が終わると下の画面のようにシームレスに続きが見られるようになっています。
f:id:mai_go:20170804233913j:plain
1セクション5分〜10分単位で分割されており、細切れ時間でも進められるように工夫されています。
(もしかしたらこの講座だけかもしれませんが)

おわりに

実はもう1講座登録しているので、また感想等綴ります。
udemyのトップページを見てみると、日本語コースもかなりの数あるようです。(そしてセール中っぽい!!)
f:id:mai_go:20170909124729j:plain:w360
(上記画像は2017/8/4時点の情報です。念のため講師のお名前だけボカシ入れました。)

こういうセットもあるようです。

Udemyで今注目のAI、機械学習、ディープラーニングを学びましょう。今なら人気3コースが特別価格の¥6500!

ほんと、インターネット時代に生きられてよかった!!

最後まで読んでくださってありがとうございます!!