まいごのストレスフリーライフ

30代IT女がストレスフリーな生き方を求めてあれこれ画策する日々を綴る。要するに雑記。

精神的自由を得るための資産運用〜FXの仕組みを理解しよう!

f:id:mai_go:20170909123655j:plain
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
この記事は連載ものです。
1.当ページ
2.精神的自由を得るための資産運用〜FXの仕組みを理解しよう!その2 - まいごのストレスフリーライフ
3.スワップ収益重視のFXで精神的自由を手に入れよう! - まいごのストレスフリーライフ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こんにちは、まいごです。
前回の記事で、私が無職になることを決断できた理由を3つご紹介しました。www.stressfree-maigo.com
今回はその中の一つ、FXでの資産運用について書いていこうと思います。

FXでの資産運用3原則

あくまで私の個人的な考えですが、、、
次の3つを守れる人にとっては、FXは良い投資手段だと思っています。

  • FXの仕組みを理解できる
  • 為替相場の動向に注目できる(世界で何が起こっているか興味を持てる)
  • 長期保有目的で投資できる(数年間待てるだけの余裕資金までしか投入しない)

特に、一つ目のポイントは、文字で書くと

当ったり前じゃん!

って感じですが、

巷でよく耳にする
「大損こいたー!!」
「ロスカットされたーー!!」
という話は、
仕組みをちゃんと理解して運用していれば、そう簡単に陥る話ではないはずです。

なのでまず、1点目の「FXの仕組み」について、自分の頭の整理も兼ねてまとめてみようと思います。

その前に〜外貨預金の仕組み

外貨預金、したことありますか?
円の定期預金ではなく、外貨預金を選ぶ理由って何でしょう?
2つありますよね。
金利為替差益ですね。

ゼロ金利とかマイナス金利とか言われている日本から見ると、たいていの外貨は日本円より金利が高いです。
円定期預金に預けても大して増えないなら、少しでも金利の高い外貨に預けよう!となるのも自然な流れですね。

もう一つのポイント、為替差益(差損)は、預入時のレートより引出時のレートの方が良ければラッキー!その逆ならトホホ…ってお話です。

せっかく金利の高い外貨に換えて預けてたのに、解約するときに円高になっていたら高金利のメリット帳消しですね。
逆に、金利もついて、解約時に円安の恩恵を受けてダブルでおトク♡というケースもありますね。

以下に例を載せておくので、実際の数字で考えたほうが楽な方は見てくださいー!

例:具体的な数字で考えてみよう

米ドル1年定期預金に1万ドルを預入する場合
(金利は年利0.5%とします)

<開始時>
為替レートは1ドル=100円
100万円を使って1万ドルゲット

<1年後>
約束通り0.5%の利子がつく
→1万ドルに利子がついて1万50ドルに!

もし為替レートが1ドル=110円(円安になった)なら…
→1万50ドル×110円=110万5500円に増えた(嬉)

もし為替レートが1ドル=90円(円高になった)なら…
→1万50ドル×90円=90万4500円に減った(泣)

FX(外国為替証拠金取引)の仕組み

で、本題のFXの仕組みについて。

ここから先、特に記載ない場合は、
軍資金100万円、1ドル=100円として計算していきます。

FXは、基本的には外貨預金と同じく、
2つの面(金利と為替差益)から資産を増やしていこう!というものです。

証拠金がモノを言う取引です

大きな違いは、
FXは「証拠金取引」だということです。

外貨預金では、実際に保有したい外貨の額に相当する日本円が必要であるのに対し、
FXでは、各FX会社ごと、通貨ごとに決められた証拠金があれば取引が可能です。

例えば、私が利用しているあるFX会社では、
1万米ドルを円から買う場合、証拠金の必要額は4万5000円です。
とりあえず4万5000円口座に入っていれば、1万米ドルとして保有することができるんです。

先ほどの外貨預金では、1万ドル保有するのに100万円の日本円が必要だったのに対し、
だいぶ少ないお金で同じだけの外貨を保有することができるわけです。

嬉しいですねぇ。

証拠金が足りなくなると強制決済(損切り)されます

ってことは、
同じ100万円あれば、
外貨預金では1万米ドルしか保有できないけど、
FXなら22万米ドル(100万円÷4万5000円)保有できるってこと!?

そうです、理論上はね。

すごいじゃん!
それで1円円安になったら単純に22万円儲かるってこと!?

そうです、良い方に考えればね。

ここで先のこと考えずに飛びつくと、悲惨な結末が待っていますよ。

証拠金は、外貨を売り買いする時だけでなく、保有している間ずっと必要です。

上記の例では、FX口座には100万円入っていることになります。
保有ポジション(外貨のことだと思ってください)は22万米ドル/円。
為替レートは月曜日〜金曜日、24時間絶えず動いています。

口座には100万円入っているけれど、この額は保有ポジションのその瞬間の評価額によって常に増減しています。

例えば、先ほどのように1円円安になれば…
評価額は22万円増えて122万円。

逆に、1円円高になれば…
評価額は22万円減って78万円

そうなるとどうでしょう。

持っているポジションは22万米ドルであることに変わりありません。
で、22万米ドル保有するために必要な証拠金は??

4万5000円(1万米ドルあたりの証拠金必要額)×22=99万円

ですね。

あれれー??お金足りなくなっちゃったよーー??

この例では大幅に足りなくなってますが、
実際は、証拠金必要額を1円でも下回った瞬間に、強制決済されます。
これが「ロスカット」ってやつです。

これをちゃんと理解しておかないと、自由どころの話ではなくなってしまいます。

「レバレッジ」は諸刃の剣

今までの例では、100万円=1万米ドルであるにもかかわらず、FXの仕組みでは22万米ドルまで保有することができました。
22倍もの額を取引できてしまうということですね。

この「22倍」のことを「レバレッジ」と呼びます。
今まで紹介してきたとおり、この「レバレッジ」というヤツをうまく使うことが重要です。

22倍も取引できる!ひゃっほーい!!

と考えてしまう人は、冒頭の画像のようになりますよ。

あ、ちなみに、冒頭の画像のタイトルは、
「FXで有り金が一瞬で溶けた猫」(PAKUTASOより)
です。
どうかそうならないように!

だいぶ長くなってきたので、今日はここまで!

おわりに

今回の記事はいかがでしたか?

  • FXは決められた証拠金があればそれ以上の外貨を取引できる(レバレッジ)
  • 為替変動による為替差益を外貨預金の何倍にもできる
  • その逆(為替差損)も然り
  • 資産が証拠金を下回った瞬間に強制決済(ロスカット)される

という特徴について解説してみました。

次回はもう一つ重要なポイント「スワップ」について語っていきたいと思います。
www.stressfree-maigo.com
最後まで読んでくださってありがとうございます!