まいごのストレスフリーライフ

迷いながらも人生楽しい方向に舵を切ったミレニアル世代のストレスフリー追求記

香害、自分加害者説?:できることから変えてみよう!

今回は、前回紹介した香害と化学物質過敏症について、発症と加害を防ぐためにできることを紹介していきます。

これを変えてみませんか?

香り付き柔軟剤を使わない

柔軟剤を無香料のものに変えてみませんか?
難しければ、柔軟剤の量を少なくしてみませんか?
(製品説明に記載されている使用量より多く使っている人、意外と多いようです)

化学物質過敏症で苦しんでいる方の多くは、
「柔軟剤のニオイがつらい」
と訴えています。

その原因は、柔軟剤に含まれている香料(合成香料)ということです。

▼無香料の柔軟剤はどんなものがある?
ヤシノミ柔軟剤

まさかのダウニー無香料

初めて聞くけどファブラッシュ

アロマオイルは天然のものを使用しよう

アロマディフューザーなどで香りを楽しんでいる方も多いと思いますが、
使用しているオイル、天然のものでしょうか?

もともと「アロマオイル」という言葉は、天然のもの、人工のもの、両方をひっくるめた総称だそうで、
天然100%のものは「エッセンシャルオイル(精油)」という言葉で区別できるようです

今使っているオイルの瓶をチェックしてみてください。
「エッセンシャルオイル」「精油」「Pure Essential Oil」という記載がないものは、
人前で使うのを控えたほうがいいかもしれません。

最近は100均でもアロマオイルを販売しているようですが、
そういったものは大半が人工香料の製品なのではないでしょうか。

化学物質過敏症の方の中には、無印良品の店舗に行くと気分が悪くなる方が少なからずいらっしゃるそうです。
無印良品の店舗では、「アロマディフーザー」の実演をやっていることが多いですよね。

私はその香りに惚れてアロマディフーザーを衝動買いしてしまった立場なので、
まさか無印のアロマが人の気分を悪くしているなんて思ってもみなかったのですが、
そういう実例もあるそうです。

これも、その実演で使用していたアロマオイルが人工香料だったのかもしれないし、
天然香料だけれど苦しくなる方がいるような種類のものだったのかもしれません。

▼人工香料を使用していないアロマオイルはこちらから

ナチュラルアロマケア ブレンドオイル レスピレーション

コスメキッチン

ぐっすり休みたい方のロールオンアロマ【Suyattoアロマ】

香りは一つにまとめよう

皆さんが毎日使用するもので、
「微香性」「〇〇の香り」のような香り付きの製品、
いくつありますか?

シャンプー、コンディショナー、整髪料、
化粧水、乳液、ファンデーション、
ボディソープ、ボディローション、ハンドクリーム、
汗拭きシート、香水、、、

複数ある、という方の方が多いのではないでしょうか。
一つ一つはいい香りかもしれないし、
自分には自分の鼻に一番近い香りだけが届いているかもしれないけれど、
もしかしたら他人には、混ざったニオイが届いているかもしれません。

買うときには何かと香り付きのものを選んでしまうそこのあなた(私もです)、
「これ!というものでなければ無香料を選ぶ」
というスタイルにチェンジしてみませんか?

そうすることで、自分を癒してくれる「本当にいい香り」の効果が引き立つと思います。

今回の記事はいかがでしたか?

自分の何気ない行動で誰かに苦しい思いをさせるのも悲しいし、知らぬうちに自身がその害に苦しむことになるのも悲しいですよね。

いきなりすべての行動を変えるのはちょっと、、、という方でも、特にこだわりのない部分からちょっとずつ変えてみるのはいかがでしょうか。

当ブログではストレスフリーな生活を求めてやってみたこと、考えたことを書いています。
読者登録、ブックマーク、シェア等していただけると更新の励みになりますので、どうぞよろしくお願いします。