まいごのストレスフリーライフ

人生迷子になりながらストレスフリーな毎日を追求するブログ

溜まる紙袋、捨てられない?梱包用封筒にリメイクして再利用!メルカリ発送にも活用できる!

こんにちは、まいごです。
私は小学生の頃に環境問題に興味を持って以来「エコ」を心掛けていまして、カフェにはタンブラー持参、リュックには常にエコバッグを入れておいてスーパーで極力ビニール袋をもらわない、など、不要なごみを増やさないようにしています。

が、それでもなかなか減らないものもあります。

さて、それは何でしょう?

はい、紙袋です。

「あ、袋いらないです」という一言が言いづらいシチュエーション、ありませんか?
ちょっといいお店で何かを買った時。

我が家で一番多いのはケーキを買った時。
ケーキ屋の紙袋ばかりどんどん増えていくんですよね。
そして、こういった紙袋の類って、デザインもかわいらしいものが多いし、いつか使えるんじゃないかって考えてため込んで、なかなか捨てられないんです。

そういう人、いませんか?

この長年溜め込んだ紙袋たち、大きな紙袋の中に放り込まれ、クローゼットの一角を占拠し、年々存在感を増しています。

そんな彼ら、フリマアプリで売れた品の発送に使うようになってから、いいペースで減っていっています。
ちょうどいい強度の梱包資材になり、溜まった紙袋も減り、一石二鳥なので、今日は紙袋を封筒化する方法を簡単にまとめておきます。
(ちょっと工作しているみたいで気分転換にもなりますよ)

【梱包用封筒への再利用】リメイクに適した紙袋・ショッパー

まさにお菓子やケーキを買った時にもらうような、「紙」の袋が加工しやすくて良いと思います。
防水仕様のあまり強い素材の紙袋だと加工が大変ですが、しっかり守りたい商品の梱包用には適していると思います。

今日はラスクの名店「ガトーフェスタハラダ」の紙袋で実演スタート。
ガトーフェスタハラダの紙袋

【紙袋・ショッパーの再利用】梱包用封筒へのリメイク手順

1.底を開く
底の部分(下の写真で手を置いている部分)を開きます。
紙袋ショッパーの底を開く1
紙袋ショッパーの底を開く2

開いたらマチの部分を広げて、全体が輪っか状になるようにします。
紙袋ショッパーの底を開いた状態

2.取っ手部分を外す
取っ手部分を外します。
ここは紙袋によって簡単に外れるものと手ごわいものがあるので頑張りましょう。

できれば取っ手を押さえつけている紙も外してしまいましょう。
紙袋ショッパーの取っ手を外す

3.外した部分(底、取っ手部分)を適宜整える
ここまで手で外してきたので、一部破れたり見苦しい感じになっている部分があると思います。
この後の工程で折ったりガムテープを貼ったりして大部分は隠れますが、気になる部分は切っておきましょう。
紙袋ショッパーの破れを整える

4.切った部分を折りたたむ(封筒の左右の部分を作る)
3で整えた底と取っ手の部分を、それぞれ3cm程度折りたたみます。
紙袋ショッパーを折りたたむ

そしてガムテープで一気に止めます。ガムテープは裏側にも少しかぶせるようにするとしっかり止まります。
紙袋ショッパーを封筒化

下の写真は裏返した状態。
実際使うときには、この裏側部分を封筒の表面(宛名を書く面)としたほうが綺麗なので、あんまりたくさんガムテープを折り返さない方がベターです。
封筒化した紙袋ショッパーの表面

5.出来上がった封筒上部を切り落として完成!
切り落とすのは実際に梱包するときでもいいと思います。
梱包するものの大きさによっては、真ん中で切り落とすことで、2つの封筒が出来上がってさらにお得!
紙袋ショッパーのリメイク完成

捨てられない紙袋・ショッパーのリメイクまとめ

私のブログ史上最も文字の少ない記事となりましたが、溜まりゆく紙袋・ショッパーのリメイクについてご紹介しました。

家の不要物が減って、気分転換にもなる楽しい作業だと思います。

実際に上記の手順でリメイクした紙袋をメルカリでの発送に利用しているのですが、購入者の方からは、「丁寧に梱包していただきありがとうございます」と評価してもらえることが多いです。
購入者の方にもポジティブな印象を持ってもらえるなら、よりうれしいですね!