まいごのストレスフリーライフ

迷いながらも人生楽しい方向に舵を切ったミレニアル世代のストレスフリー追求記

【激レア】姓が変わったおかげで米国大使館へ行かなきゃいけなくなった

f:id:mai_go:20180529162344j:plain
先日、溜池山王にある米国大使館に行き、公証を受けるというレア経験をしてきました。
資格申請関連で、米国の機関に学位と単位の証明を出す必要があったのです。

これ、一般の方々にとっては
出身大学に英文成績証明書と英文卒業証明書を発行してもらう
だけで良くって、なんのネタにもならない話だったハズなんですよ。

そう、「一般の」方々にとっては、ね。

私は、姓が変わっちゃったばっかりに、ややこしい手続きを余儀なくされました。

そんなお話。

どうしてこうなった?

だからって何故アメリカ大使館まで行かなきゃいけなくなったのか、と言いますと、
こういう流れです。

  • 大学の英文成績証明書が旧姓(在学時の姓)でしか発行できない

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • 自分の成績証明書であることを証明するために戸籍謄本を提出する必要がある

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • 戸籍謄本は日本語文なので自分で英訳する必要がある

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • その英訳が正しいものであることを証明する必要がある

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • 米国大使館に赴き英訳文書の公証を受ける


そう、姓が変わったばっかりに。
こんなことになってしまったんだぜぃ・・・

大学で証明書発行!しかし名前違う問題

まずは、求められている英文卒業証明書と英文成績証明書を取り寄せます。
出身学校のHPで手続きや必要書類を調べて大学へ向かいます。

そう。
ここで第一の関門。

私は在学中の登録名から名前が変わっているのです。
(単に結婚で改姓した、というだけの話)

申請しに来た私が証明書の名前の人と同一人物であることを証明しなけりゃいけません。

もうこの時点から、改姓の事実が客観的にわかる公的書類を提出しなけりゃいけないのです。

そのくせ私の出身大学では、証明書は在学中の姓でしか出してくれません。
これが第二の関門へつながるのです。

続く同一人物問題

今回の提出先である米国の機関は、申請者の名前(戸籍名)と成績証明書の名前が異なる場合、
それが同一人物であることを証明する書類を提出することを求めてきました。

今まで、他の資格等で海外の機関に申請を出したことが一度ありましたが、その時は申請書上の"Maiden Name"の欄に自分の旧姓を併記するだけでOKだったので、今回のはかなり厳格な手続きなんだと思われます。

申請者の名前(戸籍名)と成績証明書の名前の人物が同一であることは、先ほどと同様、戸籍謄本を提示すれば理解してもらえます。

というわけで、戸籍謄本を取り寄せます。
これは皆さんおなじみですよね。
本籍のある自治体の役所を訪れて手数料払って発行してもらいます。

しかーし。

戸籍謄本は、というか公的書類のほとんどは日本語でしか書かれていません。

さあ戸籍謄本英訳せな

まさか戸籍謄本を自分で英訳する日が来るなんて思ってもいませんでしたよ。
(もちろん翻訳サービスに出すという選択もあります)

Google先生に教えを乞いながら久しぶりに開いたWordで淡々と翻訳文書を書き上げるのです。

私は今何をやっているのだろうか・・・?

私は何のためにこの作業を行っているのだろうか・・・?

問うてはいけないのです。

もう何も考えないのです。

この時ばかりは思考停止が役に立ちます。

黙々とやるのです。

そうすれば、未知の世界への扉が開けるから!

基本は黙々と英訳すればいいんですけど、その後に待ち受ける公証のための欄(宣誓と署名のための欄)を追加しておきましょう。
こんな感じで。
f:id:mai_go:20180816162753p:plain

公証では、その文書が正しいものであることを公証人の前で誓って、サインします。
その状況を見届けた公証人もサインと公証スタンプを押してくれますので、そのためのスペースです。

未知の世界、その名は「公証」!

でも、自分で翻訳した戸籍謄本を提出したところで、
受け取った相手は
これは本当に正しいものなのか?
でっち上げじゃないのか?

と疑ってくるわけですよ。

そりゃそうですよね。

なので、これ(翻訳した戸籍謄本)が正しい内容であるということを証明しなければなりません。

その手段が「公証」です。

公的な証明と書いて公証です。

公証と言うと、公証役場という言葉を思い浮かべる人は多いかもしれませんね。
(行ったことないですが。遺言状を作成するときとかに行くのでしょうかね。)

もちろん、全国津々浦々にあるという公証役場に行って公証を受けるのでも良いのですが、
英語の文書を公証してくれるかどうかは場所によるようなので、
手っ取り早く米国大使館の公証サービスを 利用することにしました。

ふつーの役所のようにふらっと行って並ぶようなスタイルではなく、
予約してから指定時間に訪問するというスタイルなので
それなりに煩雑ですが、大使館への滞在時間はせいぜい30分くらいで済みました。

さいごに

「米国大使館で公証を受ける」体験のレポートは次書きますが、アポ取って書類揃えて早起きして大使館まで行って、実際の公証は1分程度で終了で、近くで昼ご飯食べて帰る、という、会社勤めだったら時間休や半休とらないといけないような作業です。

面白い経験といえばそうなので、暇な私は喜んで取り組みますが、
この時ほど姓を変えたことの不利益を実感したことはありません。

前回のエントリでも書きましたが、身分証明書類への旧姓併記できるようになるといいなー。
なんなら選択的夫婦別姓が認められるようになるといいなー。