まいごのストレスフリーライフ

迷いながらも人生楽しい方向に舵を切ったミレニアル世代のストレスフリー追求記

台湾お土産のおすすめ3選!台湾旅行の定番から意外な便利グッズまで!

先日初めての台湾旅行に行ってきたのですが、ご飯もおいしくて、しかも日本人の舌に馴染みのある味が多くて、すっかりはまってしまいました。
お茶文化も根付いていて、美味しいお茶がそこかしこで飲めるし、素敵すぎる。

また行きたい!と強く思った旅行になりました。

そんな台湾でたくさんお土産を購入したので、その中で特に買ってよかったものを紹介したいと思います。
1つはド定番、1つはバラマキにもぴったり、そして残る1つは大穴的なチョイスになっています。

その1:パイナップルケーキ

ザ・定番といった感のあるパイナップルケーキ。
台湾ではスーパーのお菓子コーナーやパン屋さんにも焼き菓子的な位置づけでパイナップルケーキが売っているので、どこででも手に入れることができそうですし、これだけ売っているのならレベル高そうだなーという感じもします。

でもやっぱり種類がたくさんありすぎて選びきれないし、変に手を出して失敗した時のショックが大きいし、なかなか冒険はできません。
安いパイナップルケーキでも十分美味しいものはあるのだと思うのですが、せっかくなのでこだわりの美味しさのものを店頭で選んでみました。

いくつか買った中で、次回訪れた時もここで買いたい!と思った店舗はこちら。

Pineapple Hills 旺來山

MRT中山駅近くのお土産アンテナショップ的なところに出店しています。
たまたま見つけたので恐る恐る覗いてみたら、ありがたいことに試食をさせてくれました。

f:id:mai_go:20181007162029j:plain:w800

それが、とっても美味し

クッキー生地はほのかにチーズの味が感じられて、優しい味わいです。
そして、パイナップルケーキの核となるパイナップルの餡は、甘味と酸味のバランスが良く、繊維もしっかりと入っていて、パイナップルを丸ごと使っているんだろうな、という安心感があります。

なんと1つのパイナップルからパイナップルケーキ4つしか作れないらしいです。

めっちゃおいしくて、その場で2箱購入。
事前調査なしでふらふら見つけて入ったところだったので、思わぬ大当たりにとっても嬉しい気持ちになりました。

有名店なのかこれから成長していくお店なのかわかりませんが、私は味もブランドイメージ(色使いや猫ちゃんキャラなど)もとっても気に入りました。

店舗はMRT中山駅3番出口から徒歩3~4分の「FAVtory快.食.尚」というお店に入っています。

Pineapple Hills 旺來山 台北南西店
住所:台北市南京西路1號(FAVtory快.食.尚)
営業時間:日~木11:00-21:30 / 金土11:00-22:00

上記の店舗以外にも、台北には「台北信義A8店」という店舗もあります。
こちらもMRT「市政府駅」近くというアクセスよい場所にあるので、通りかかったらぜひチェックしてみてください。
www.pineapplehill.com.tw

サニーヒルズ Sunny Hills 微熱山丘

こちらはすでに結構有名な人気店みたいで、事前にパイナップルケーキを調査したときに多くのサイトでおすすめされていました。
台北では桃園国際空港の第二ターミナル2Fにお店があり、そこで購入することができます。

実は日本にも店舗があり、青山にあるのと、自由が丘にも出店の予定があるそうです。
(しかし、価格が倍以上、、、)

お味は、こちらもパイナップルの繊維が感じられ、程よい甘味で何個でも食べられちゃいます。
クッキーの部分と合わせて味わうと、ただただ甘いのではなく、何というか複雑な味がします。

甘いものがあまり得意ではない!という方は、旺來山よりもサニーヒルズのパイナップルケーキの方が気に入るのではないかな、と思います。

こちらは、ショップの袋が布製でとってもかわいいデザインなので、プレゼントとしても喜ばれると思います。

桃園国際空港のほかにもいくつか店舗がありますが、旅行者にとって便利な場所にあるのは以下の店舗です。
旺來山のお店と近いので、食べ比べたい時はこちらの新光三越店がおすすめです。

サニーヒルズTo-Go 新光三越信義A9
住所:台北市信義區松壽路 No.9 1階
営業時間:日~木11:00~21:30 / 金土11:00~22:00

www.sunnyhills.com.tw

その2:インスタントミルクティー

台北の街なかには、ティースタンドがたくさんあり、のどが渇いたなーと思ったらタピオカミルクティーを飲んでいました。
カフェのように座る場所はない場合がほとんどですが、店員さんが手際よくお茶を作ってくれて、こぼれないように蓋代わりのシールをしてくれるので、街歩きのお供として大活躍してくれます。

地元の人たちがティースタンドで買ったお茶片手に移動している様子もよく見ます。

そんな台湾だけあって、家庭用のインスタントティーも充実しています。
日本ではそれほど見かけない「ミルクティー」のインスタントが種類豊富に取り揃えられています。
お土産にはもってこいですね。

ジャスミンミルクティー

ミルクティーと一口に言っても、茶葉の種類がたくさんあってそこから選ぶのに迷ってしまいますが、私がいくつか試した中で最も好きだったのは一番上のオーソドックスなミルクティー(黄色い袋の)でした。

ミルクが入ったインスタントのお茶って、お湯で溶くだけでは何となく物足りなくて、結局温めた牛乳を足して飲むことが多いのですが、こちらのミルクティーはお湯で溶くだけで満足な味わいになります。
成分見ても余計なものが入っていないようで安心感があるし、何より紅茶の味と甘さとミルクのバランスが抜群で飲みごこちがとっても良かったです。

その3:ロール式ゴミ袋

これは大穴かな?と思って挙げてみたんですが、、、

実はこれ、帰って調べてみたら普通に日本でも売られているので、わざわざ台湾で買うべきものではないかもしれないです。。。
でも自分としては今まで知らなかったアイデアで、いくつか購入し愛用しているのでご紹介しますね。

ただのごみ袋なんですけど、スーパーに置いてある透明ビニール袋みたいにロール式になっているんです。
色もたくさん種類があり、かつ香り付きで悪臭対策もしているようです。
f:id:mai_go:20181007165523p:plain

上の写真はローズ。他にも緑色のシトラス系の香りや紫色のラベンダーの香りの袋もあり、バリエーション豊富。
台湾家庭に普及しているのかな?と思わせるバリエーションです。(実際のところはわからないけど)

で、上の写真、ロール幅を見ると小さい袋に見えると思うのですが、実はこれ袋が立体的になっていて(というかマチをたっぷりとっていて)実際の横幅はロール幅の2倍くらいになるんです。

日本で売っているものは無色透明(色があってもせいぜい白の半透明)で香りなどついてないものが多いと思うので、そういう意味ではやはり台湾お土産としての価値もあるのかなーと。

さいごに

台湾のお土産はたくさんあれど、自分も気に入って渡す相手も気に入ってくれるものを選びたいですね。
美味しいかどうか、使いやすいかどうか、そして気に入るかどうかはあくまで主観的なものではありますが、実際に私が購入して試してみたものの中で是非皆さんにおススメしたい!と思えたものだけを紹介してみました。
誰かのお土産選びの参考になったら嬉しいです!